ほていのカラコあそび (Hotei playing with karako)

Click to enlarge.
Click to enlarge.

Title:

ほていのカラコあそび (hotei no karako asobi)
Hotei playing with karako

=====================

This work depicts Hotei, one of the Seven Lucky Gods from Chinese folklore. In the West, he is known as the Laughing Buddha and is often depicted as a cheerful fat bald man. Inside of the Hotei, is a smaller top in the shape of a karako (Chinese child doll). When you remove the Hotei figure, the base becomes a platform to spin the karako on, so it appears as if Hotei is playing with the doll.

***

***

Hiroi Michiaki: This is Hotei (the god of luck) playing with a karako (Chinese doll). If you take this off, there’s a tiny karako top within, and this platform becomes an arena [to spin it in]. When you spin this part, it starts sumo wrestling, clanging about. And so it’s like Hotei is playing with the karako. It’s that sort of top.

ほていのカラコあそび

Click to enlarge.
Click to enlarge.

タイトル:

ほていのカラコあそび (hotei no karako asobi)
Hotei playing with karako

=====================

七福神の一人である布袋がモチーフの独楽である。西洋では、布袋は笑い仏として知られており、陽気で、ふくよかで、はげ頭の男の姿で描かれることが多い。布袋の中には、唐子(中国の子どもの人形)の形をした小さな独楽が入っている。布袋の人形を外すと、下の部分が土台となり、唐子の独楽を回せるようになっているので、布袋が唐子と遊んでいる姿のように見えるので、「ほていのカラコあそび」という題名になっている。

***

***

廣井道顕:これはね、ほていさんの唐子遊び。これ取ると、中に唐子のちっちゃい独楽がいくつか入って、この台が土俵になって、こう回すとこう相撲取りするの、カチンカチンと。で、そのほていさんが唐子と一緒に遊んでるっていう。そういう独楽ですね。

福助 (Fukusuke)

Click to enlarge.
Click to enlarge.

Title:

福助 (fukusuke)
Fukusuke

=====================

This top depicts Fukusuke, a popular doll figure in Japanese and Chinese culture. Fukusuke figures in Japan go back to around the nineteenth century (Edo period), where they were often enshrined at brothels and tea houses as bringers of good luck. Their use has since widened. Fukusuke figures are typically shown to be sitting in traditional seiza position while prostrating themselves. Hiroi-sensei has made this depiction of Fukusuke as a figurine, not a top.

***

***

Hiroi Michiaki: Ummm, this is Fukusuke.

Mrs. Hiroi: Yeah.

Hiroi: Fukusuke… I think this is just Fukusuke. It’s not a top. It’s a figurine.

福助

Click to enlarge.
Click to enlarge.

タイトル:

福助 (fukusuke)
Fukusuke

=====================

日本・中国文化において人気がある人形の福助を表現した独楽である。日本での福助の歴史は十九世紀(江戸時代)頃にさかのぼる。当時は遊女屋や茶屋で幸運をもたらすシンボルとしてよく祭られていた。以来広く使われるようになる。典型的な福助は平伏しているときに正座をしている。今回、廣井先生は福助の独楽ではなく、人形を作った。

***

***

廣井道顕:うんと、これが、これは福助だ。

廣井夫人:うん。

廣井:うんと、福助これはただの福助かな。独楽でないな。置物だな。

 

Making tops: Then

What does making wooden tops look like? How do they use the lathe to make this kind of art? Below we feature photographs of Hiroi-sensei and his apprentices from the 1980s, seen hard at work producing Edo-style tops. The tops are made by placing a block of wood on the lathe and spinning it rapidly while cutting into the wood with metal tools. Paint is applied to the finished top while it spins on the lathe.

You can listen to and read an interview with Hiroi on his own early apprenticeship here.

This slideshow requires JavaScript.

むかしの独楽づくり

独楽づくりを見たことがありますか?どのように旋盤を使って独楽のような工芸品を作るのでしょうか?

廣井先生と1980年代から先生に教わってきたお弟子さんが江戸独楽をつくっている様子を撮影した写真をご覧ください。独楽をつくるにはまず塊の木材を旋盤に固定して回転させ、金属の工具で削っていきます。独楽の形ができたところで、仕上げに旋盤で回転させながら色付けをしていきます。

廣井先生自身が弟子入りしていた時の話をインタビューしたときの音源とスクリプトはこちらのリンクでお楽しみいただけます。

This slideshow requires JavaScript.

おなべごんすけ (Onabegonsuke)

Click to enlarge.
Click to enlarge.

Title:

おなべごんすけ (onabegonsuke)
Onabegonsuke

=====================

This top features Onabegonsuke. According to Hiroi-sensei, Onabegonsuke is the lowest-ranking god of luck.

***

***

Hiroi Michiaki: And this is Onabegonsuke. Onabegonsuke is… umm, he’s the lowest-ranking god of luck. And if you spin this, his neck bobs up and down at this part. Heh heh heh. That [part is] a kitchen, a cooking stove.

おなべごんすけ

Click to enlarge.
Click to enlarge.

タイトル:

おなべごんすけ (onabegonsuke)
Onabegonsuke

=====================

おなべごんすけがテーマの独楽である。廣井先生によると、おなべごんすけは位の一番低い幸運の神である。

***

***

廣井道顕:で、これはおなべごんすけだな。おなべごんすけってあのう、一番位の低い福の神なんです。でこれ回すとね、ここのところからこの首を出したり引っ込めたりして。へへへ。あの台所ですね、かまど。