Tag Archives: photos

Media post メディアポスト: Hiroi & co at Shimin Matsuri 市民まつりでの廣井先生たち

Hiroi-sensei and his apprentices participated in many local community events. Below are photos of them selling their top and kokeshi products at Sendai’s Shimin Matsuri, a local festival, in the 1980s.

廣井先生と弟子がよくコミュニティーのエベントに参加していた。以下の写真で、廣井先生たちが80年代の仙台市民まつりで独楽・こけしなどを売っている。

===

Advertisements

Media Post メディアポスト: Hiroi’s shop 廣井先生の店舗

As a part of building the Akiu Craft Village and its community, artisans working there have each of their homes, workshops, and shops together in one building. In the following photos, we see Hiroi-sensei and Mrs. Hiroi in their shop, “Onkomaya Hiroi,” where they sell their tops, along with some photos of Hiroi-sensei’s work on display. New tops are always appearing in the shop, as Hiroi-sensei and his apprentice design new works, create seasonal tops, and recreate old favorites.

秋保工芸の里と、その里のコミュニティづくりの一部として、働く職人は工芸の里に自宅、工房、兼 販売店舗を一つの建物として所有している。つくった独楽を販売する「御独楽處 廣井」という店舗にいる廣井先生と奥様の写真や、廣井先生が陳列した独楽の写真をここで紹介したい。廣井先生とお弟子さんが新しいデザインをつくり、季節の独楽や、昔ながらのデザインをつくるたび、真新しい独楽が常に店に陳列される。

Media Post メディアポスト: Hiroi at Work 働く廣井先生

Creating Edogoma involves careful work within the workshop. Hiroi-sensei creates his own tools and spends hours at the lathe carving and painting his tops. The following photos show Hiroi-sensei at work in his small workshop at the front of his store and home in Akiu Craft Village.

江戸独楽の製作には工房での慎重な作業が求められる。廣井先生は自作の道具と旋盤を使い、何時間もかけて独楽を削り出して色付けする。秋保工芸の里にある独楽店の前には、廣井先生の自宅兼工房がある。こちらは小さな工房で働く廣井先生の写真である。

ジャネルの独楽: Part 1

ジャネルが弟子入りしている間、廣井氏はジャネルの生まれ育った場所と新しい故郷である日本の芸術・文化を、日本の伝統工芸を通して表現できるようにと、アメリカの民俗文化や伝承をテーマにした独楽も作ってみるよう勧めた。以下の写真は1980年代からジャネルが作った独楽です。

Making tops: Then

What does making wooden tops look like? How do they use the lathe to make this kind of art? Below we feature photographs of Hiroi-sensei and his apprentices from the 1980s, seen hard at work producing Edo-style tops. The tops are made by placing a block of wood on the lathe and spinning it rapidly while cutting into the wood with metal tools. Paint is applied to the finished top while it spins on the lathe.

You can listen to and read an interview with Hiroi on his own early apprenticeship here.

This slideshow requires JavaScript.

むかしの独楽づくり

独楽づくりを見たことがありますか?どのように旋盤を使って独楽のような工芸品を作るのでしょうか?

廣井先生と1980年代から先生に教わってきたお弟子さんが江戸独楽をつくっている様子を撮影した写真をご覧ください。独楽をつくるにはまず塊の木材を旋盤に固定して回転させ、金属の工具で削っていきます。独楽の形ができたところで、仕上げに旋盤で回転させながら色付けをしていきます。

廣井先生自身が弟子入りしていた時の話をインタビューしたときの音源とスクリプトはこちらのリンクでお楽しみいただけます。

This slideshow requires JavaScript.