プロジェクトメンバー

Paula R. Curtis ポーラ・カーティス

Historian, Project Manager

ポーラ・カーティスはアメリカのミシガン大学(University of Michigan)で大学院博士課程に在籍中である。室町時代後期を中心に中世鋳物師組織と公家と武家との社会的・経済的ネットワークの関係について研究している。最近、フルブライト・プログラムの奨学研究員(2014-2015)と国際交流基金(Japan Foundation)の奨学研究員として東京大学の史料編纂所に所属し研究を完成した。

またWhat can I do with a B.A. in Japanese Studies? 「日本研究の学位があると何ができますか」[shinpaideshou.wordpress.com] というブログの創始者であり編集者でもある。

連絡先:  prcurtis(at)umich.edu
URL: http://www.prcurtis.com

Malina Rose Suity マリナ・ローズ・スーティ

Public Historian, Content Manager

マリナ・ローズ・スーティはペンシルベニア州を拠点とするエンジニアリング・環境関連のコンサルタント会社でジュニア建築史学者として勤務している。ウエスト・フロリダ大学(University of West Florida)でパブリック・ヒストリー※の修士号を取得。大学時には多数の口述歴史記録(オーラル・ヒストリー)プロジェクトに参加。現在、Next Exit HistoryTM.で顧問歴史家も勤めている。

連絡先: malina.suity(at)gmail.com

※パブリック・ヒストリーはアカデミックな歴史とは逆に、実生活における応用の歴史を保存、博物館展示、口述歴史として記録する分野の学問である。
Takeiri Yoshino 竹入淑乃

Translator

フリーランスの日英翻訳・通訳者。東京の日本外国語専門学校にて日英通訳・翻訳について2年かけて学ぶ。学習院女子大学にて国際文化交流の学位を取得。また学習院女子大学在学中には文部科学省令学芸員資格も取得。現在、このウェブサイトの英-日翻訳を担当している。

Leah Zoller リーア・ザラ

Translation Consultant

リーア・ザラは高校留学NPOでプログラム・コーディネーターとして仕事をするかたわら、翻訳者、ブロガーとしても活動している。ミシガン大学 (University of Michigan)大学院にて日本研究の修士号を取得。研究テーマとしてメディア、ジェンダー、料理や伝統工芸を扱った。

連絡先:  leah.zoller(at)gmail.com

Advertisements