Tag Archives: daily life

廣井先生と職人としての生き方

廣井先生が木工職人の生活と現代社会で日本の伝統工芸や芸術を伝え守っていくことの難しさを語っている。

===

===========================================

ポーラ・カーティス:あのう、そしてまぁ職人としての生活にはあのう、一番難しいことが何だと思いますでしょうか。

廣井道顕:一番難しいこと・・・難しいことばっかりだな。(laughs)簡単なのっつうのはないですね。どれが一番難しいって言われると、全部難しいね。一番、逆に嬉しいのが、お客さんとか、買ってもらった人が喜んでくれる。ワァァってやってくれっと、ものすごく嬉しい。後は毎日苦しんでいます。(grins)

ポーラ:(laughs) その、まぁあの難しいことが、もちろん、多いと、おっしゃいましたが、まぁあの時間とともに、ま、多少変化しましたか。何が難しいか、あのその、ビジネスとか、売るのとか。

廣井:まぁ職人として難しさは、やればやるほど難しくなってくのね。あと、売る、売るのは苦手なんだよね。だからね、うん、損ばっかりしてんのね。

ポーラ:で、あの職人の、あの職業がだんだん消えつつあると思いますでしょうか。それはなぜだと思いますか。

廣井:あぁ!そう。これが一番、あのう困ったことだなと思って、あのう・・・なぜか日本は職人て言うと軽く見られるんですよね。で職人がいないと、あのう、日本の大企業だって成り立たないはずなんだけども、なぜか職人は、馬鹿にされるしね、軽く見られるし。あのう・・・行政の方でも職人は軽く見て、何の援助もしてくれないしね。援助が欲しくて言うんではないけど、もっと大事にして欲しいなと思うのね。

だって日本が今こんだけ技術が発達してんだってその底辺ていうか、一番下には職人が必ずいるんですよね。職人がモノを作って、それを今度機会で大量に作ってって。であの、大企業が成り立って。で、その職人がだんだんいなくなってくれば、あのう何か今度やろうつったって何もたぶんできなくなると思うんですよね。だから、職業は、色々職人もあるけども、もうとにかくその職人っていう人をもっと大事にしてほしいなあと。まぁ希望ですけどね。

ポーラ:ではあのう、現在は、昔と比べると、弟子が多かったですか。

廣井:あぁ、うん。だからね。あのう、これはね、なんで弟子を多くしたかというと、あのう伝統こけしをやって、うんん・・・あの、こけしやっている人も何人もいたし。だからそれを集めてる人もいっぱいいたんですけれども。で、こけし描いてて、で売って、あのう収集している人に売って、どうのこうの、あれがダメだの、これがダメだのと、難しいこと言われて、うんと悩んで、でも一生懸命やって、ある程度できるようになって。まぁ本なんかでも、

こけしの本とか必ず名前が載るようになって。でそん時にね、気が付いたんですよ。『あぁ、うちにはこけしよりもっと大事なものがあった』って。こけしはいっぱいこけし屋さんがいて、完全に残っているけど、うちの江戸独楽はうち一軒なんですよね。日本中で。ということは世界中で。それを引き継いだのは俺と弟の二人だけで。日本では、でうちの場合は、あの、こけしみたく一つだけではなくて、何百何千って数があるものですから。一人でそれを再現して残しておくっていうことが不可能だなってのが気付いて。これは弟子をいっぱい増やさなきゃならないと思って。そんであのう、こけし屋さんの、若い跡取りを・・・あのううちに来たんですよ、あのう、これから先こけしだけでは、生活していかれなくなるんでねえかっていうことで他のことも覚えたいんだって、若いのが。

あの時ね、うちであのう、一人、あのう今の前田くんみたく一人あのう、教えてやってたのがいたのね。それがあのこけし屋さんの息子で、あの小原温泉の、人なんですけど、これも有名な人なんですけど、その人の子供で。雄介、本多雄介っていう。それがあのう、白石で、あのう、弥治郎系のこけし屋さんの息子たちの、子供たちの若い人の集まり、で七人いるんだって。で、その雄介が『今自分はこういう所でこういうもの習ってんだ』っていう話をしたらば、みんなそういうの覚えたいなっていうことになったって。で『教えてくれるか』って来たから。本当かってったら『本当だ』って言うのね。で、『みんな連れて来い』っつって。でそん時七人、白石から来たんですよ。では、教えてやったっていうことになって。

でまぁ、うちの品物はこけしと違って、種類がいっぱいあるし、遊び心がいっぱいなきゃならないので、まず『うちに来るんだったら真面目になってないで遊びな』っつったの。したっけ『えええ!』なんてみんなビックリして。へへへ。で、一人、本気になって遊んで、彼女見つけて結婚して。へへ。

今、こけしでは弥治郎で一番ぐらいになってるね。でそいつ、こ、独楽できなかったのね。まだあのう習い始めて半年だかって言うんで、ほとんど独楽できなくて。ほんで、こけし、ま親がこけし屋さんだから、で、まず、でまずこけしやったらいいでねえかっつうことで。で、こけし一生懸命やって。他の人たちはみんな独楽やって。したらみんな親たちにてっきり『怒られるかな、文句言われっかなあ』と思って『大事な、跡取り息子に余計なこと教えた!』なんて怒られるんじゃないかと思ってたら、みんな親たちが来て「宜しくお願いします」ってここでね、みんな頭ついてったね。七人とも。これには、逆にこっちの方でビックリしちゃって。『あぁこれ本気なんだな』と思って、ほんで一生懸命教えてやって。で、大体一人でもう百種類ぐらいは覚えたんのじゃないのかなと思うんですけどね。

ポーラ:あのう、まぁこの職人の職業がその、あのう消えつつある問題についてですが、どうすればいいと思いますでしょうか。あのう、そのまあ、人気があるように。

廣井:あぁ。そうね。

ポーラ:何かできますか。

廣井: そういうのがあると本当いいんですけどねえ。残念なことに日本にはまだそういう制度ないし。もうちょっと、偉い人がさっきも言ったように職人に、えぇ、こう、目を向けてくれれば、少しは、伝統的なものとか、技術が、残るんじゃないかな。で、若い人も、職人に、結構職人になりたい若い人いるんですよね。でも、職人の世界って難しい。で職人っていうのは頑固でなかなか。こう、馴染めないっていう、そっちのイメージの方が多くて恐ろしがってね、へへへ。なかなか『やりたくてもなぁ・・・』っていう人結構多いんですよね。だから、そういう人たちにね、もっとこう、スムーズに馴染んでもらって。育てたいな、と思っていたんですけど。ええと、去年ね、ええと一年半、仙台市で、この工芸の里で、後継者の育成をしようっていうことで市の、市がお金を出してくれて。で五人、入れたんですね若い人を。

で、あー、市で給料を出してくれて。ほんで教える方も、謝礼金として結構なお金、もらったんですけど。一年半続けて、で今年の三月でそれ終了したんですけど。んで結果的に残ったのが、うんと、小竹さんのとこに一人、うちに前田くんいるし、もう一人あのう、みさちゃんって女の子がいるんですけど。三人残ったんですけど。で、そういうことをもう少し続けてやってくれれば、もっと若い人が来ると思うんですけどね。で、あまりこう難しい条件、つけないでやってくれって言うんですけど。で今回はね、そんな難しい条件でなくても良かったし。で五人来て、ま結果三人残ることになったんですけど。大成功でないかなと思うんですけどね。

でこういうことを、こう繰り返し、市ばかりでなくてね、県とか国で、やってくれれば、若い後継者が日本中で結構増えると思うんですけどね。でまあ、同じ職人でもほら、うんとお金のある、所はね、自分の所でどんどん若手を育てることできるけど。我々みたいにお金のないのはね、それこそ前田くんでもみたくアルバイトをしながら、でも習いたいっつうんで来てた。そういう人たちあの、ホンモノになれると思うんですよね。だから、そういうところにね、もうちょっとこう、手を差し出てくれれば、もっと若手育てられて、日本も、もうちょっと豊かになれるような気がするんですけどね。

Hiroi and Janell’s First Meeting and Apprenticeship

In this interview segment, Hiroi-sensei describes his first time meeting Janell on a New Year’s television broadcast in Sendai. He discusses the beginning of their friendship and the start of her training with him as a top-making apprentice.

====

[25:42]

Paula: Was the attitude towards America and the West different in Sendai than in Tokyo?

Hiroi: No, in Tokyo, Americans… well, in Tokyo I didn’t meet any Americans. It was after I came to Sendai [that I did]. Because it was after the war. Like I said before, because I was living in the mountains without knowing the war ended. So I didn’t meet any Americans in Tokyo, and after the war, I was in Sendai. And in particular, [it was only] after I met Landis-sensei that I became close to Americans.

Paula: Why was it that your experience getting to know Americans—well, was that the first time? Or, did you have other American friends?

Hiroi: Ahh… there weren’t any others. I had met a few [Americans]. Umm… to make something for them, that is. Mm, that was about it, and I can’t really say that I became close to them. Even if I wanted to become friends with them I couldn’t. And also, at that time I was still poor, and I was putting all my effort into making a living. Mm, Americans were like an unattainable goal, hahaha. They’d do something and I’d be like “Whoaaa, amazing!” And when I met Landis-sensei, it was because we had a chance [to meet] on a television [show].

Photo - 016-01 [edit 1]
Hiroi and Janell on a television broadcast together.
Paula: Did you often introduce those Edo tops on that television program?

Hiroi: Yes, yes. I often did it.

Paula: Was that an NHK program?

Hiroi: I did it on NHK, too, and all of the Sendai broadcasting stations. I did all of them. I did broadcasts for the entire country on NHK and also local ones. I’ve done a lot of local shows and NHK shows, too. Also Tohoku Broadcasting. Mmm, even now I’m doing Miyagi Television’s OH! Bandesu program. They let me do that TV show a number of times. Even now I’m good friends with a man named Wakigaya-san from Miyagi Television, and Amano-san from Tohoku Broadcasting, he was a producer, I think. And Amano’s wife was a student of Landis-sensei. That was the relationship. And he said, “Next time I’ll introduce you to an American.” And then because there was free time, on a New Year’s TV program, this was a New Year’s TV program. And [Landis-sensei] and I did it together, and they told us they’d introduce us. Did we meet before that? Before the television show… hmmm… before the television show… ah, I had heard of her. Because they said they would introduce us, and we didn’t have a chance [before that]. And [they said] they’d have us do [the TV show] together. Mm, it was from that time.

[29:22]

Paula: What sort of television show was it?

Hiroi: It was a New Year’s show, and, err… what kind of things did we do? In any case it was things that were good luck for the New Year, and it was a show that also did Edo tops… I think. I don’t remember in detail what we did. What I remember is that the announcer kept getting things wrong and was corrected a lot. (laughs) I think Landis-sensei knew the whole time. Heh heh. We talked about it a lot.

Paula: This will go into [the topic of] Landis-san [again], but could you talk a bit about the first time you met her?

Hiroi: I think the first time I met Landis-sensei was when [we] were on television. I feel like I might have met her before that, but maybe I didn’t. I don’t remember that time well. The first… thing I remember is that time on TV, I think. But I might have met her before that. I don’t remember when that television show aired.

Anyway, she was a teacher at Miyagi Gakuin, and an American who was fluent in Japanese. And she had an interest in [things like tops], so [Amano-san] said he’d bring her next time. I heard this from the show’s producer, Amano-san. After that we met on the television show, which I saw in a photograph first. I feel like we met before that, but probably that was our first meeting. I don’t clearly remember that time. Anyway, it was around that time. And she came to my home, and was really happy [to see the tops]. And that was the first time she said she wanted to make them herself. She said “Please teach me,” so I taught her. Umm yeah that’s about right. It’s hard to remember. But she really made a lot of things, Landis-sensei did.

Mrs. Hiroi: Yeah. That wagon, she made that wagon thing.

Hiroi: Yeah. What was interesting at that time was–

Mrs. Hiroi: The wagon.

Hiroi: Umm, yeah. It was a wagon, a covered wagon from the pioneering times like those you see in Western films. But attached to the wagon, I thought they were horses, but Landis-sensei put oxen. I said “Shouldn’t they be horses, not oxen?” and she said, “No, they’re really oxen.” When I said “Why?”, and she said that horses can go far but they get tired easily. Oxen were slow, but they had stamina for no matter how far they go, and so for going [that far], actually it’s not a carriage but an ox cart. And so she attached oxen to the covered wagon. Mm, even now, it’s amazing. That she made that. She made so many things. Later she used the lathe by herself, and that was Karahiro-chō, right?

Mrs. Hiroi: Yeah.

Hiroi: There we made a cabin, a little cabin where we worked, and [made tops] there for a while. I think she [made tops] until she went back to America.

Mrs. Hiroi: Yeah.

Hiroi: Yeah, that’s it. She returned to America and sent her lathe there. And she said, “After I return to America I’ll [make tops] there, too,” and I said “No, you won’t remember the way to make the tools, won’t it be impossible?” and she said “No, I’ll be fine, I have friends who are skilled with machinery and cutlery, so if I ask them [when I have a problem,] I’ll get by somehow and it’ll be fine.” And she sent her lathe to America. When I asked some time ago that was the case.

Paula: Umm–

Hiroi: And– huh? I think she [worked on the lathe] a little in America. There are lathes in America, too, but they work a little different. And Americans find Japan’s lathes unusual, so they come to see them. Umm, actually in America, there’s a lathe association of some kind, something like a world lathe association. And there’s number of members and an association. And the president… she’s in a group that makes naruko kokeshi, and I invited the American lathe association president and her husband, the couple, and they came here. I think the wife was the president and her husband was the vice president. And there was a [cultural] exchange with the artisans who made naruko kokeshi. On their way back they stopped by here. And at that time they made these teeny tiny tops. They were tops about this big, they had become their specialty. And I thought “Man, I’ve been defeated!” and made even smaller ones. Ones this small. And I showed them to them and they said “Nope, I’ve lost!” Heh heh heh heh heh. I was like, “I wonnnnn!” Hahahaha. They burst out laughing and we shook hands. It was great fun to experience.

[21:34]

Paula: Were you hesitant to take on Janell as an apprentice? Did you have any concerns?

Hiroi: No, I didn’t really have any concerns. Mm. Actually, I thought, she’s not Japanese, and it would be wonderful if an American learned [how to make tops]. And Landis-sensei was the one. And she carved a kokeshi by hand herself, and showed me that, too. And said that she definitely wanted to carve using a lathe. And right away, on that very day, she used the lathe. And she learned a lot of things carving, but, we didn’t understand each other here and there. And it was funny, when it was a problem she’d go, “I don’t understand because I’m an American.” Heh heh heh heh. Everyone would give big belly laughs. Heh heh heh.

Paula: Was that the first time you had a foreign apprentice?

Hiroi: Yeah, that was the first time. Heh heh heh. Yeah.

 

廣井先生とジャネルの出会い, そして弟子入り

このインタビューでは廣井先生が仙台で放送された年始の番組でジャネルと初めて会ったときのことについて語っている。二人の友情の始まりや、弟子入りした独楽づくりの訓練の始まりについて話している。

====

[25:42]

ポーラ・カーティス:で、あのう、東京と比べると仙台ではアメリカに対する態度が違いましたか。

廣井道顕:いや東京に、は、アメ、アメリカ・・・の人たちでは東京では会ってないんですよね。仙台来てからなんですね。戦後だから。だこれ今言ったように戦争終わったのも知らずに山ん中にいたくらいですから。だから東京では全然アメリカの人には会っていないし、で戦後、仙台に来てからですね。で特にあのランディス先生に会ってから、アメリカの人たちと親しく、してもらって。

ポーラ:アメリカ人に親しく、あのう、なる経験はなんで、あのそれは初めてですか。それとも、他のアメリカ人の友達がいましたか。

廣井: あーそいつはいなかったですね。少し会った程度ですね、みんなね。あのう・・・何かやっぱり頼まれて作ってやったり。うーんそんな程度で、あまり親しくっていうことは、言葉がほら通じないから。あの親しくなりたくてもなれなかったっていうか。でこっちもまだ、その頃うんと貧しくて、その日、生きてくのが精一杯な状態で。うん、なかなかもうアメリカの人は高嶺の花で、えへへ。もうこうやって「わーすげー」って見てる程度だったの。ほんであのう、ランディス先生と知り合ったのは、ほらこのテレビ、がキッカケ、だったんですね。

テレビ番組での廣井とジャネル
テレビ番組での廣井とジャネル

ポーラ:よく、あのテレビの番組で、あの江戸独楽を紹介しましたか。

廣井:ええ。ええ。すいぶんやってましたね。

ポーラ:それはNHKのプログラムでしたか。

廣井:NHKでもやったし、あのう、仙台の放送局全部。全部やりましたね。NHKも全国放送もやったし、ローカルでも。ローカルではずいぶんNHKでもやってもらったし、あと東北放送とか。ううん、今でもあの宮城テレビ「OH!バンデス」ていうのやってて。その番組でも何度か取り上げてもらったし。で今でもあの宮城テレビのウキガヤさんという人親しく付き合ってるし、でこれが東北放送の今言ったアマノさん、があのう、プロデューサーだったのかな、東北放送で。であのう、そのアマノさんの奥さんがランディス先生の教え子で。うん、そんな関係で。であのう「今度、アメリカの人、紹介すっから」なんて言われてて。で、そのうち、んで、空いたからテレビお正月、これお正月の番組だったんですね。で一緒に出てもらうから、でその時紹介ですから、なんて言われて。その前に会ったのかな。テレビに出る前に・・・うーんと・・・テレビに出る前・・・あ、話に聞いてたんだな。紹介すっからって言われててなかなか機会がなくて。でテレビで、んで一緒に出てもらうからっていうことで。うん、その時以来の。

[29:22]

ポーラ:あのう、その番組はどのような内容でしたか。

廣井:だからお正月の番組で、えー内容どうだったのかな。とにかくあのーお正月の縁起のいいものっていうことで、この江戸独楽の紹介を兼ねて・・・の番組だったのかな。ちょっと内容までは、あまり詳しく覚えてないんですけど。覚えてんのはこのアナウンサーの人が間違えて何度もやり直しさせられたっていう。(laughs) ずっとねランディス先生も分かってると思うけどね。へへ。よく話しているね。

[Segment 3, 20:21]

ポーラ:で、少しあのランディスさんの話に入りますが、ランディスさんとの出会いについて少し話していただけませんか。

廣井:あぁ・・・。ランディス先生一番最初会ったのは、テレビのときかな?その前会ってる気もするんだけど、会っていないような気もするし。その辺よく分かってないけど。一番・・・覚えてるのはそのテレビのときかな。でもその前にも会ってっから。その、このテレビがいつ放送したんだか忘れたもんな。

とにかくあのう、宮城学院の先生で、アメリカの人で、日本語ペラペラな人だからっていうことで。で、うんとこういうものに興味がある人だから、今度連れて来るからって言う。ええと、そのプロデューサーやってた天野さんって方から聞いて。でその後、さっき写真で見たあのテレビの、番組で一緒になって。なんかその前にも会っているような気もするんだけど、多分そのときが初対面ではないような。その辺ちょっとハッキリしなんですけど。とにかくその頃ですね。であのう、うちに来て、見て、喜んでもらって。で自分でも作りたいって言い始めて。で教えてくれっていうから教えてやって。うんん、やっぱりなかなかね。覚えるのが大変で。そんでもね、いろんもの作ったよな、ランディス先生な。

夫人:うん。馬車は馬車のあれも作ったし。

廣井:うん。そのとき面白かったのが、

夫人:馬車ぐるま。

廣井:あのう、うん。馬車あのう、映画のあの西部劇に出てくる開拓時代の幌馬車。ところが幌馬車、馬かなと思ったら牛付けたんですよね、ランディス先生ね。で、牛でなくて、馬でねえの?っつったっけ、『いや、本当は牛なんだ』って。で、なんで?っつったっけ、馬は速いけどすぐに疲れる。牛は遅いけど、どこまででも、スタミナがあって、あの行くので、そんであの、本当は、馬車でなく牛車なんだ、なんてね。で幌馬車を作って、牛付けたの。うん、今でもあれば、すごいんだけどな。そういうのも作ったしね。いろんなもの作りましたよ、うん。あと、自分で轆轤を作って、あの片平町だよな?

夫人:うん。

廣井:あそこにあの、小屋、小屋一つ作ってそこに仕事場作って、しばらくそこでやってましたけどね。アメリカに帰る、までやってたのかな?

夫人:うん。

廣井:そうだね。でアメリカに帰るんでその轆轤はアメリカへもう送って。で『アメリカに帰ってからもやるんだ』なんて言うから 「いや、道具つくりだのも覚えてないからちょっと無理でねえの?」ったけど、『いや、大丈夫だ』なんて言って。 『友達で機械に詳しい人いるし。刃物に詳しい人もいるから、その人たちに頼めば、何とかなるから大丈夫だから』っていうことで。で轆轤アメリカに送ったんですけど。さっき聞いたらあるって言ってましたよね。

ポーラ:あのう―

廣井:で、うん?アメリカで少しやってた、みたいですけどね。なんか、アメリカにも轆轤はあるんですけど、あのやり方がちょっと違うんですよね。で日本の轆轤のあのやり方は、アメリカの人たち、珍しいからって前はよく、見学に来たりしてたみたいですけどね。であのう、アメリカの、やっぱりあの、こう、轆轤協会っていうのがあって、世界轆轤協会って言ったけな。でアメリカにもなんか、何人かで、協会があって。でその会長さんが・・・鳴子、のこけし組合で、アメリカのその轆轤協会の会長さんご夫妻、ご夫婦を呼んだんですよね。で来たことがあるんですけど。で奥さんが会長で、旦那が副会長っつったかな。そして鳴子のこけし工人の人たちと交流して。でその帰りに、ここへ来たんですよね。でそのときに、その・・・人が作った、こう、こんなちっちゃな独楽作ってきたのね。このくらいの大きさの独楽を作って、得意になって来たわけ。で「こんな、負けてらんないな」と思って、もっとちっちゃいの作ったのね。このくらいのやつを。で、見したっけ 『いや、参りました』なんて言って。へへへへへ。こっち「勝ったー!」なんて、へへへへへ。大笑いしてね。握手してね。えらい喜んでもらったことはありますね。

[21:34]

ポーラ:ランディスさんを弟子として受け入れるのをちゅうちょされましたか。何か心配ありましたか。

廣井:いや、何も心配はなかったですね。うん。やっぱりあのう、日本人でなくて、ね、アメリカの方に覚えてもらう方がいいことだなと思って。でランディス先生はあの通りだからね。で自分であのこけしなんかを作ってたの、こう手で削って。でそれも見せてもらったんですけど。で是非轆轤で削りたいんだっていうことで。うんではっつうんで早速、もうその日のうちに轆轤に乗せてやって。で削るの色々教えてやっ…たのはいいんだけど、この言葉がところどころ通じないところがあってね。で面白いのが都合が悪いと『私アメリカ人だから分かりません』って言うんだ、へへへへへ。あの時みんな腹抱えて大笑いだったもんな。へへへ。

ポーラ:それは、あの、その、外国人の弟子は、はじ、はじめて…?

廣井:うん、初めてですね。へへへ…ええ。

Jan, the Feminist

In this post, Jan discusses how she developed as a feminist, her desire to share her point of view with her students, and her unique position as an unmarried American woman in Japan.

===

Malina Suity: [1:00:42]: When you were working as a teacher at Miyagi, what were your–did you have any particular duties other than just teaching classes? What were your classes like?

Janell Landis: Um, well. The classes were, as I said, were sometimes with junior high school girls. And that was about fifty kids in one room and reviewing the English studies that they had with their Japanese teachers. They had me twice a week and the other teachers every day. And so it was back up for the Japanese teachers, and then that was true in senior high too. In college, I was given an opportunity with the juniors and seniors to have these elective courses. And then I attempted to really concentrate on some of the issues that women would face. And that’s when my feminist years developed. And I saw some of the girls develop too. And one of them ended up being, working on the wonderful program north of Tokyo that was involved with educating workers from other Asian countries and for commuting to work and so on. [1:02:09]

***

Malina [1:09:50] You mentioned your development as a feminist and working with women’s issues. Can you describe your experience as a woman in postwar Japan?

Janell: Yes. Uh, it was, my own conversion was when I was going with a group of people from New Jersey to what they called the God Box. To a Riverside area where the national church of these mainline denominations was located. And I went into a drug store while we were waiting for the car and I bought the first magazine of Ms. and that changed my life. And I didn’t see…what was your question again?

Malina: Um

Janell: I’m ready to get off of it.

Malina: It’s uh, being a woman in Japan.

Janell [1:10:58]: Oh, a woman in Japan. Well, because of that conversion in the States when I went back. I had the privilege in some of these elective classes to show what women were doing in other countries or so on. So, I myself branched out. But I had a reaction of one of my female Japanese teachers, she thought I was degrading the men. And uh, like I was anti-man. And that really hurt me in a way. I didn’t ever feel like I would, that I would, ever degrade my fellow men that were working on the faculty. I was cautioned then, to be careful not to be too demanding.

But um, like I said, being a single woman. I was my own self and I think I got a little bit different treatment than a wife would. And she would have opportunities that I didn’t have. But I never begrudged the difference. Each of us is given a walk and we have to walk our walk, own walk. We can’t imitate somebody else’s trot, but uh. I never felt…well let’s see I can’t say never. There were times when being a woman in postwar Japan might have been more difficult. But, being an American woman, being a single woman. [laughs] I had some freedoms that my Japanese women didn’t have. I was always–In the first years when things weren’t as progressive, I never got invited to the weddings. But after how many years there, it was like, if they had the American teacher there that was a real special thing. I got took to so many weddings and their parties. But, it was rarely that we were in the weddings. Many of them were held in a Shinto temple, but we were having the wedding parties in these big hotels or these big wedding parlors. And they’d spend a fortune and give everyone a present and so on. But I, in the latter years, I was one of the people they called. [1:14:02]

For more information on Ms. Magazine and the impact it had on women like Jan, read this oral history from New York Magazine.

Photograph of Janell and English Department staff at Miyagi Gakuin via Janell Landis.

 

フェミニスト、ジャネル・ランディス

ジャネルがフェミニストとして成長する過程や、生徒たちにジャネル自身の意見を共有したいという強い思い、そして日本に住む未婚のアメリカ人女性という立場について語っている。

===

マリナ・スーティ:宮城で教師として働いていたとき、あなたは―、ただ授業を持つ以外に特別な仕事はありましたか?授業はどんな感じでしたか?

ジャネル・ランディス:そうねぇ。授業は、まぁさっき言ったけれど、時には女子中学生に教えることもあったの。15人くらいの子たちが一つの部屋に集まって、日本人の先生がやっていたような英語の勉強をしていたの。私は週2回教えていて、他の先生は毎日。だから私は日本人教師の補助みたいなものだったし、高校の授業でも同じだった。大学では、1、2年生の選択科目を教える機会が与えられたの。だから女性が向き合わなければならない問題について専念して教えようと考えたわ。私がフェミニストとして開花した時期だった。学生の中にも何人かフェミニストとして成長した子がいて。中でも1人、東京でアジアの国から出稼ぎに来ている労働者への教育を支援するような素晴らしい活動をするようになった子がいたわ。

***

マリナ:先ほどフェミニストとして成長したことや女性が向き合う問題について触れましたね。戦後の日本においてご自身が女性として経験したことを教えてもらえますか?

ジャネル:いいわよ。そう、あれは、ニュージャージー州から来た人たちとニューヨークのゴッド・ボックス※を何て呼ぶかってことについて話していたときだったわ。主だった宗派の教会があるリバーサイド地域へ向かったときね。 車を待っている間に私は薬屋さんに寄って、初出版の『Ms.』という雑誌を買ったのだけど、それが私の人生を変えたの。当時は分からなかったけど…質問はなんだったかしら?

マリナ:あのう…

ジャネル:話戻しましょうね。

マリナ:えっと、女性として日本で生活することについて。

ジャネル:あぁ、日本で暮らす女性。そうね。アメリカに戻ったときにした会話があったからだったわね。選択科目のいくつかで、他の国では女性がどんなことをしているのかとか色々と教える機会に恵まれたの。それで、私自身の考えも広がったわ。でも、ある日本人の女性教師から、私が男性を卑下しているって反発があったの。私が、まぁ、反男性主義者みたいな。本当に傷ついたわ。そんなこと考えたこともなかったのよ、私が、そんな、一緒に頑張って働いている男性たちを見下すようなことをしようだなんて。その時に、あまり、きついフェミニストにならないように気を付けないと、って思った。

でもそうね、さっき言ったけど、独身女性として。私は私自身でいることができたし、誰かの奥さんっていうのとはちょっと違った扱いをされたわね。きっと誰かの奥さんだったら独身の私が得られなかった経験があったんでしょうね。でもその違いを嫉ましく思ったことはなかった。人はそれぞれの道が用意されてて、自分自身の道を歩まないといけないんだもの。他の人の道を真似して歩んだりできないんだから。でも、まぁ。私は絶対に…まぁ、絶対になんて言えないのよね。戦後の日本で女性として生きることは時に困難なことだったかもしれないわ。でも、アメリカ人女性として、独身女性として。私は日本人の女友達よりも自由だったわね。私はいつも– まだ世の中が積極的に進歩しているとは言えなかった最初の数年間、誰も私を結婚式に招待しなかった。でも歳月が過ぎれば、アメリカ人の先生がいることがすごく特別なことみたいな扱いになった。結婚式やらパーティーにたくさん呼ばれるようになった。でも、結婚式自体に行くことは滅多になかった。ほとんどが神道の寺社で執り行われたけど、結婚式のパーティーは大きなホテルとか式場でやってたから。大枚をはたいて披露宴をして、みんなにプレゼントを配ったりしてた。でも私は、何年経っても、呼ばれる側の人間だった。

※ゴッド・ボックス: ニューヨーク州、マンハッタンのリバーサイド通りにある19階建てのオフィスビルで、アメリカにある主だった教会や宗教関連の非営利団体がオフィスを置いているため通称ゴッド・ボックスと呼ばれている

===

ジャネルのようなアメリカの女性たちに大きな影響を与えたMs.誌の誕生についてはこちらのNew York Magazineに載るオーラルヒストリーの特集をご覧ください。

以上の写真はジャネル・ランディス(右)と宮城学院女子大学英文学部の事務員です。