Category Archives: transcripts

バテレン当て独楽

Click to enlarge.
Click to enlarge.

タイトル:

バテレン当て独楽 (bateren ategoma)
priest roulette-style top

=====================

バテレンがテーマの独楽。16世紀にカトリック教の宣教師が日本に来始めた際、キリシタンはポルトガル語のPadre(パードレ)から派生し、父・神父を意味する言葉であるバテレンと呼ばれた。宣教師が渡来した初期の頃である当時、日本に来たのはほとんどがポルトガルからのイエズス会修道士であった。廣井先生は16世紀のバテレンのひだ襟のフリルを大袈裟に表現し、ローマ数字を描いて当て独楽の土台にした。当て独楽は独楽遊びの一種である。独楽の軸を回すと、バテレンの長い鼻が土台にある数字に止まるようになっている。

***

***

廣井道顕:うんと、これがね何だっけな。ええと何つったっけな。バテレン。うん。バテレンの当て独楽。ランディス先生にバテレンって何だかって聞いたっけ、分からないって言われたんだな。なんか昔あの、キリストの人をそう呼んだみたいですよね。

ポーラ・カーティス:はい。十六世紀。

廣井:あぁ、十六世紀。えぇ、そんな昔なんだ。ふうん

ポーラ:はい。十六・十七世紀。

廣井:あぁそんな古いのね。

ポーラ:はい。

廣井:でランディス先生分からないわけだな。へへへ。ああそうなんだ。その頃、のやつをこう、作ってたんだよねの当て独楽でゲームするやつね。

 

 

Advertisements

バテレン当て独楽 (priest roulette-style top)

Click to enlarge.
Click to enlarge.

Title:

バテレン当て独楽 (bateren ategoma)
priest roulette-style top

=====================

This top depicts a priest. When Catholic missionaries began to enter Japan in the sixteenth century, they were known as bateren バテレン, a word that comes from Portuguese padre, “father.” Most of the first missionaries entering Japan during this time were Portuguese Jesuits. Here, Hiroi-sensei has depicted a sixteenth-century priest with exaggerated frills at his neck to form the base of the roulette-style top, which features Roman numerals. A roulette-style top is a kind of game. Someone spins the handle at the top, and the priest’s long nose lands on the winning number on the base.

***

***

Hiroi Michiaki: Umm what was this? What is it called? A bateren [priest]. Yeah. It’s a bateren roulette-style top. I asked Landis-sensei what a bateren was, and she said she didn’t know. It’s sort of what Christians used to be called in the past.

Paula Curtis: Yes. In the sixteenth century.

Hiroi: Ahh, the sixteenth century. That long ago? Hmm…

Paula: Yeah, in the sixteenth and seventeenth centuries.

Hiroi: Ohhh it’s that old?

Paula: Yeah.

Hiroi: Then Landis-sensei wouldn’t know, huh? Heh heh heh. Ahh I see. It’s someone from that time period, and I made a roulette-style top game from it.

 

 

ミノ虫飛び出しの中の独楽

Click to enlarge.
Click to enlarge.

タイトル:

ミノ虫飛び出しの中の独楽 (minomushi tobidashi no naka no koma)
bagworm larva leaping out top

=====================

蛾の幼虫、ミノ虫がテーマの独楽である。イモムシのときに自分を温めるためのミノを作るので英語では『ケース・モス(case moths/ ケースは入れ物、モスは蛾)』と呼ばれることもある。住んでいる木にある葉を食べるために、ミノ虫がミノから頭を出す。日本で人気があるのは蓑笠の蓑のように見えるミノがある姿である。ミノ虫は俳句の秋の季語として使われることがよくある。この独楽で、廣井先生はミノ虫が木の枝に付いているミノから顔を出す姿を表現している。

***

***

廣井道顕:うんでこれは何だっけな。あぁ、これはあれだ。ミノムシか。ミノムシの、ミノムシのその殻がないんだ。

廣井夫人:うん。

廣井:あのミノムシってぶら下がっててこんなんありますよね、あのう、これから。そういう形の独楽、飛び出してくる独楽。中のミノムシの虫が飛び出る、蝶ネクタイやってね。

ミノ虫飛び出しの中の独楽 (bagworm larva leaping out top)

Click to enlarge.
Click to enlarge.

Title:

ミノ虫飛び出しの中の独楽 (minomushi tobidashi no naka no koma)
bagworm larva leaping out top

=====================

This top depicts a bagworm larva, the larval stage of the bagworm moth. They are sometimes called “case moths” because their caterpillars build little protective cases in which they gestate. As they emerge, bagworm larva pop their heads out of their case to eat the leaves of the tree they inhabit. In Japan, their popular image is related to the top of their case looking like a straw raincoat. Bagworms are often used as a subject for seasonal haiku in the fall. For this top, Hiroi-sensei depicts a bagworm popping out of its case, which is attached to a tree branch.

***

***

Hiroi Michiaki: And what was this? Ahh, we talked [about this]. The bagworm larva? The bagworm larva doesn’t have a body.

Mrs. Hiroi: Yeah.

Hiroi Michiaki: Bagworm larva dangle [from branches] like this. From here. It’s a top with that sort of shape, one that leaps out. The bagworm inside jumps out, and it’s wearing a bowtie.

untitled

Click to enlarge.
Click to enlarge.

Title:

タイトルなし
untitled

=====================

This top does not have a particular title, and Hiroi-sensei does not remember anything about it.

***

***

Hiroi Michiaki: I don’t know what this is. I didn’t know [before either]. Mm. It’s pretty big isn’t it? Mm. I don’t quite know, though. I don’t know. It’s a top that comes to a point, huh.

タイトルなし

Click to enlarge.
Click to enlarge.

タイトル:

タイトルなし
untitled

=====================

この独楽には特に題名はなく、作った本人である廣井先生もあまりこの独楽に関して覚えていないそう。

***

***

廣井道顕:これが分からないんだよね。これが分からなかったんだなぁ。うん。かなりでかいもんだなぁ。これがね、ちょっと分からないですけどね。分かんないんだな。とんがった独楽だな。