たんたん狸

Click to enlarge.
Click to enlarge.

タイトル:

たんたん狸 (tan tan tanuki)
“a balanced tanuki”

=====================

日本の生き物、狸がテーマの独楽。狸は日本の民話において欠かせないキャラクターであり、変幻自在に姿かたちを変えるイタズラ好きとしてよく物語に登場する。本来、オスの狸は大きな睾丸を持つとされるが、日本芸術ではそれを大袈裟に大きくすることで面白おかしくその特徴を描いていることがよくある、時にはカバンのように肩にかけていたり、太鼓として使っている姿も見受けられる。廣井先生はやじろべえにもなる独楽を作り、重りのデザインに狸の睾丸を使った。

***

***

廣井道顕:でこれは狸。

廣井夫人:うん。

廣井:どの程度…こいつも説明しにくいな。へへへへへ。でかかったんだって昔から。へへへ。やじろべえになって、バランスとって。これは大変笑うんです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.