Tag Archives: catalog

Media Post: Exhibition materials

The following materials are from an exhibition Hiroi-sensei described in his earlier interviews. The exhibition occurred from June to August 1993 at the Sendai City Museum. The materials included an image guide to tops in the exhibition and an informational page on the history of tops. Regarding this exhibition, Hiroi-sensei said:

“The Sendai museum. I’ve done an exhibition of these Edo tops before. What was amazing at that time was the museum exhibited all of the tops, and we asked Landis-sensei if there was something she’d use to describe the Edo tops in one word in English, and it was the first time I’d heard her use the word unbelievable [anbiriihaburu]] And the museum wrote above its entrance “Unbelievable Edo Tops.” And before long it was on television, so at the time they started saying unbelievable. It might be because of Landis-sensei that the word unbelievable spread throughout Japan at the time. Heh heh heh. Until then no one knew about that kind of thing. It was said that that word fit Edo tops perfectly. I thought, “Yeah, that’s the sort of thing they are.” “

See the interview here: Hiroi-sensei and Exhibitions

See the catalog here: Exhibition_Catalog

Advertisements

メディアポスト:企画展の資料

この資料は先のインタビューで廣井先生が言及された展示に関するものです。1993年6月から8月、仙台市博物館で行われた企画展です。展示された独楽の案内、独楽の歴史などが含まれています。廣井先生はこの展示について次のように言われました:

「仙台市の博物館、博物館でね。この江戸独楽の、展示をやったことがあるんですよ。そのときに、あとすごかったのは、あの博物館全部この江戸独楽を飾って、でそのときにランディス先生に、あの英語で、一言でこの江戸独楽を表現する、何か言葉ないかってんで、そのとき初めてランディス先生に「アンビリーバブル (unbelievable)」って言葉を聞いて。であの博物館の入口にでっかく「アンビリーバブル (unbelievable) 江戸独楽」って書いてあった。それからね、間もなくしてからテレビだのなんだので、この頃アンビリーバブルって言うようになったのね。そのときは、だから、日本でアンビリーバブルって言葉流行らしたのはランディス先生かも分かんない。へへへ。それまで、そういうこと知らなかったものね。だっけ、江戸独楽がその言葉にぴったりなんだって言われて。あぁそういうもんなだ、と思って、いたんですけどね。」

インタビューはこちら:廣井先生と展示

資料はこちら: Exhibition_Catalog