ほていのカラコあそび

Click to enlarge.
Click to enlarge.

Title:

ほていのカラコあそび (hotei no karako asobi)
Hotei playing with karako

=====================

This work depicts Hotei, one of the Seven Lucky Gods from Chinese folklore. In the West, he is known as the Laughing Buddha and is often depicted as a cheerful fat bald man. Inside of the Hotei, is a smaller top in the shape of a karako (Chinese child doll). When you remove the Hotei figure, the base becomes a platform to spin the karako on, so it appears as if Hotei is playing with the doll.

七福神の一人である布袋がモチーフの独楽である。西洋では、布袋は笑い仏として知られており、陽気で、ふくよかで、はげ頭の男の姿で描かれることが多い。布袋の中には、唐子(中国の子どもの人形)の形をした小さな独楽が入っている。布袋の人形を外すと、下の部分が土台となり、唐子の独楽を回せるようになっているので、布袋が唐子と遊んでいる姿のように見えるので、「ほていのカラコあそび」という題名になっている。

=====================

Click the following links for  more detailed information on the top, a video of Hiroi-sensei explaining his work, and English and Japanese transcripts:

こちらのリンクをクリックすると独楽についての詳しい情報、廣井先生が作品について説明された際の映像、日英のインタビュー記録がご覧いただけます:

  • ほていのカラコあそび (Hotei playing with karako)                  English
  • ほていのカラコあそび (hotei no karako asobi)                           日本語

Previous Top ~ Next Top

Advertisements