からす天狗

Click to enlarge.
Click to enlarge.

Title:

からす天狗 (karasu tengu)
crow tengu

=====================

This top depicts crow tengu, a type of mythical creature of the tengu variety. They are more distinguishably bird-like, often featured with beaks and feathers. Hiroi-sensei states that they are the children of regular tengu and travel about as messengers who hang lanterns. He therefore depicts them here as bird-headed creatures holding balanced lanterns. Hiroi-sensei also notes that a photograph of this top was featured for some years in a junior high school textbook in Japan.

からす天狗がテーマの独楽。からす天狗は伝説上のキャラクター、天狗の一種である。からす天狗は見るからに鳥の姿をしており、くちばしと羽があるのが特徴である。廣井先生の話では、からす天狗は普通の天狗の子供とされており、提灯を持って使い走りをするのだという。そのため、この独楽は頭が鳥で、提灯を両脇にバランスよく抱えている姿を表現している。またこの作品は日本の中学校の教科書に掲載されたことのある独楽であることも述べていた。

=====================

Click the following links for  more detailed information on the top, a video of Hiroi-sensei explaining his work, and English and Japanese transcripts:

こちらのリンクをクリックすると独楽についての詳しい情報、廣井先生が作品について説明された際の映像、日英のインタビュー記録がご覧いただけます:

  • からす天狗 (crow tengu)                            English
  • からす天狗 (karasu tengu)                        日本語

Previous Top ~ Next Top

Advertisements