かえるの相撲

008

Title:

かえるの相撲 (kaeru sumō)
“frog sumo

=====================

This set of tops forms two frogs on a lotus leaf engaging in a sumo match. Each of the frogs can be removed from the lotus leaf base to become individual tops. This playful theme is a popular one, which is even believed to have been represented in the famous 12-13th century Chōjū jinbutsu giga handscroll (seen below), which is thought to have one section that depicts anthropomorphic frogs and rabbits challenging each other to sumo.

ハスの葉の上で相撲を取っている二匹のカエルがセットになった独楽。カエルはそれぞれハスの葉の上から外して個々の独楽として回すことができる。遊び心にあふれた人気のあるモチーフであり、有名な12~13世紀の鳥獣人物戯画の巻物(下記参照)の中でも描かれたとされるモチーフである。鳥獣人物戯画の一部分では擬人化されたやカエルとウサギが描かれており、お互いに相撲で挑んでいる姿ではないかと考えられている。

Click the following links for  more detailed information on the top, a video of Hiroi-sensei explaining his work, and English and Japanese transcripts:

こちらのリンクをクリックすると独楽についての詳しい情報、廣井先生が作品について説明された際の映像、日英のインタビュー記録がご覧いただけます:

  • かえるの相撲 (frog sumo):                             English
  • かえるの相撲 (kaeru sumō):                         日本語

Previous Top ~ Next Top

Advertisements