解説:片目の鯉

廣井道顕:で、これはまた面白い謂れがあって、片目の鯉っていうんですけど。これ回すとね、ここに絡んで、この鯉が上に上がってくるのね。

廣井夫人:うん、ぐるぐるぐるぐるとね。

廣井:でこれはね、昔、あのう・・・皇居、あの天皇陛下がいる所の、あそこの堀に、昔六尺のっていうから大体2メートルくらいの大っきな鯉がいたんだって。であのう・・・それが、あの、鯉ほら、天に昇ると竜になるって謂れがあるよね?であるとき、ものすごい夕立があったから、あったときに、こんなら天に昇れるなと思って、でこう、昇ろうとしたんだって。ところが昇りきれなくて、落っこって、橋の欄干で片目潰れてしまったって。で、片目の鯉で。で、それがつい最近まで居たんだって、親父に聞いたんだけどね。はははははは・・・。で、それを作ったんですね。いつからの話だかはよく分らないんですけど。多分江戸時代、徳川家康が江戸城を造った辺りの話だと思うんですけどね。

***

英語はこちら

ビデオはこちら

Advertisements