解説:梅と鶯

廣井道顕:ええと。これは

廣井夫人:これ、ほら、笛、ふふ

廣井:これ違うさ、梅に鶯の、鳴り独楽だ。

夫人:だから鶯の回るの。

廣井:鳴り独楽だ。

夫人:んー?笛独楽でねぇの?

廣井:違う違う。これがああとあぁ、そうだ、うん。ここに糸巻いて、この鶯持ってこう引っ張ると、これがポオオっと鳴る独楽なんだね。で梅の形で、梅に鶯。

夫人:うん。下は梅、梅だな。

***

英語はこちら

ビデオはこちら

Advertisements